学校法人 愛知学院大学短期大学部
歯科衛生学科

①基本情報

住所・連絡先

〒464-8650  愛知県名古屋市千種区楠元町1-100
TEL:052−751−2563(代表)
FAX:052−761−3461
E-Mail:tandai@dpc.agu.ac.jp

ウェブサイト

http://www.agu.ac.jp

設置学科(定員)

1)学科
 ・歯科衛生学科(100)
2)専攻科
 ・口腔保健学専攻(認定専攻科)(10)

愛知学院大学短期大学部
愛知学院大学短期大学部
愛知学院大学短期大学部
愛知学院大学短期大学部

②大学の沿革

 平成18年4月、愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科増設。本学は昭和43年4月に当時の歯学部口腔衛生学講座 榊原悠紀田郎教授主導のもと愛知学院大学歯科衛生士学院として愛知県下に2校目の歯科衛生士養成校として設置さてた。昭和52年に歯科衛生専門学校に名称変更し、平成17年3月まで歯科衛生専門学校として多くの歯科衛生士を養成した。
 平成17年、歯科衛生士養成期間が3年に延長されることにより、本学も平成18年に3年制の歯科衛生士養成機関として短期大学部に歯科衛生学科を増設。新生の歯科衛生学科1回生が卒業する平成21年4月に短期大学部に学位授与機構認定による短期大学部専攻科(口腔保健学専攻)を増設。

 

③大学の特徴

 本学は本年創立140年を迎える私立の総合学園である愛知学院の一員を担う短期大学部である。本学歯科衛生学科は設立未だ10年であるが、前身である歯科衛生専門学校時代から歯科衛生士教育の草分け的存在でもある。爾来45年間、歯科衛生士教育のリーダー校的立場で全国の歯科衛生士学校を指導する任を担ってきている。県内で唯一の歯科衛生士養成の3年制短大であり、内容の充実と共にレベルの高い歯科衛生士養成を積極的に進めている。
 本学科の最大の特徴は大学の歯学部に併置していることである。歯学部の教授をはじめとする歯学部教員の多くが兼任として本学科の講義その他を担当している。さらに、2〜3学年における臨床実習は歯学部附属病院において多くの歯科医師、歯科衛生士、その他の医療系職種の人たちの指導のもとで、1年間病院実習を行っている。また、本学科の基礎実習、模型実習等においても実習用の機械器具、治療椅子等は最新最高のものを完備し、現在日本一の実習施設となっている。このような優れた教育環境で授業を受けることができる。
 さらに、歯科衛生士の様な医療職は患者から信頼される人間性をもつことが要請されるが、本学院は曹洞宗宗立であり教育理念として「行学一体・報恩感謝」を建学の精神としている。その基礎にある仏教精神で、他者の人(患者)に対する思いやりの心をもった人間となることを教育理念としている。
 短期大学専攻科(口腔保健学専攻)では専攻研究(研修成果)に力を入れ、修了後、専門学会に発表できるよう指導していると共に、口腔ケアの実践ができるよう教育している。

 

④教員名簿

職位等 教員氏名
学長 佐藤 悦成
学長補佐・教授 小出 龍郎
学科長・教授 高阪 利美
教務主任・教授 近藤 高正
教授 渥美 信子
教授 新井 通次
教授 稲垣 幸司
教授 犬飼 順子
教授 星合 和基
教授 柳原 保
准教授 内海 倫也
准教授 佐藤 厚子
講師 後藤 君江
講師 原山 裕子
講師 古川 絵理華
助手 上田 祐子
助手 増田 麻里